2004年から始まった、 大正時代の古い納屋の、移築再生作業の記録です。
母屋は「SHOPゴロンタ」として、下屋はトマトジュース加工室「工房ゴロンタ」として、
パラダイスファームのシンボル的建物となりそうです。
いつまでも終わらない、最高に楽しい現場から。


08.10.15 新しい現場です!加工室から更にミニ下屋を出します。何に使うのかな?

08.10.6 母屋外側の妻面をモルタル左官しています。ほんのりピンク色でいい感じ。

08.10.6 タカヘイさん、楽しそうですね。

08夏 やっと完成した工房ゴロンタの様子です。ここが入り口。

エプロンをかけるコーナー。工房内は白とブルーがイメージカラー。

ここでトマトジュースをつくります。ごしごし洗えるコンクリ床。

貼るのに苦労したミニタイル。

こちらはライ麦パンを焼くコーナー。レンガの床と青いドアがいい感じ。


2006〜2007の納屋づくりの記録へ

2004〜2005の納屋づくりの記録へ

HOMEに戻る